腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛

腰が痛い!しっかり原因見極めて、あなたに合った施術方で根本改善へ!

こんなお悩みはありませんか?

  • ギックリ腰になってしまった
  • 同じ姿勢ばかりで腰が痛い
  • 足がしびれる
  • 太ももの裏から足先が痛い
  • お尻の下が張って歩きにくい
  • 足が重だるい

坐骨神経痛の施術について | 大阪市平野区 どて鍼灸整骨院

坐骨神経痛の施術坐骨神経痛は、座りっぱなし姿勢で長時間過ごしていたり、姿勢の悪さから引き起こされる症状で、梨状筋から坐骨神経まで通っている神経がうまく流れていないために起こります。その状態をほおっておくと、どんどんひどくなり歩けなくなることもあります。
病院では、湿布や腰の牽引などの治療法しかなく、ほとんど痛みは改善されません。

どて鍼灸整骨院の坐骨神経痛の施術は、マッサージもしますが、鍼を使って治療します。

坐骨神経は揉んでも届かないような深層の部分にあるので、手技を使うより、直接坐骨神経にぶつけることができる鍼治療が効果的です。
注射の針は、神経を傷つける場合もありますが、鍼は爪楊枝みたいなものなので神経を傷つけることなく直接届かせます。そして、神経に当たったところで電気を流します。神経に効かせたところは電気が響きを出して筋肉が緩み、数回の治療でよくなるケースがほとんどです。

マッサージや牽引等でよくならず、坐骨神経痛でお悩みの方は、ぜひ鍼治療をお試しください

その他の腰痛の施術法 | どて鍼灸整骨院

腰痛といっても、どんな腰痛かによってアプローチ方法が違います。手技を行う方もいれば、鍼で施術を行う方、その症状に合った正しい施術を見極めながら改善を目指します。
筋肉の腰痛=筋膜性腰痛には、皮内鍼を使用します。ふくらはぎのツボがある皮膚の表面に小さい鍼を刺し、そのまま数日過ごしてもらいます。もちろん、刺したままでも普通の生活が送れまるのでご安心ください。筋肉に入らないので痛みはなく、ずっとツボに刺している状態が続くため、早期改善に効果があります
数日後の通院で鍼治療を行うと、さらに皮内鍼治療の効果が持続します。

ギックリ腰

ギックリ腰引越しの荷物など、急に重いものを持ち上げたり、くしゃみをした瞬間など、アッと思った時には腰に激痛が走るギックリ腰。
当院でのぎっくり腰の施術は、ひどい症状ですと炎症箇所に触れず、ふくらはぎの皮内鍼で遠隔治療を行います。治らなければ患部に直接鍼を打ちますが、それまでに改善される方がほとんどです。
ぎっくり腰は2、3回の施術で、症状が重い場合でも一週間ほどで改善されますので急なギックリ腰にお悩みの方はご来院ください。

すべり症

すべり症骨の外側が痛くなる腰痛は、すべり症(骨が前や後に滑っていく)などの病気を発症する場合があります。
さらに悪化すると脊柱管狭窄症になる可能性もあります。軽い症状ですと、遠隔治療でも改善されますが、症状によっては、脊柱管狭窄症の施術法のように痛みの根源のピンポイントに鍼を打つ治療や、鍼とお灸を組み合わせた灸頭鍼で治療を行います。

症例

大阪市平野区 ギックリ腰 40代 男性

ギックリ腰で痛みが取れずに来院。
最近、体重が急に増え筋肉がついていかないことが原因でした。
ふくらはぎに鍼を打つ遠隔治療を行いました。

大阪市平野区 50代 男性

タクシー運転手の男性が来院されました。
長時間座りっぱなしのタクシー運転手なので、坐骨神経痛になり、長時間乗っているとしんどくなり、仕事がとても辛かったそう。
皮内鍼で痛みがない状態を続かせ、楽な状態が続くまま痛みが改善されていきました。

患者様の声|大阪市平野区 どて鍼灸整骨院

大阪市平野区 40代 女性

院内がおしゃれでかわいい。また、各ベッドスペースにゆとりがあり、リラックスできます。
いつも、はりをしていただくのですが、「そこっ」という所にしていただけ、治療後も痛みがないかしっかりチェックしていただき、自宅でのケア方法も教えてもらえて、本当にたすかっています。
これからもよろしくお願いします!!