脊柱管狭窄症

おかしいなと思ったらすぐ来院!その我慢、辛い症状が長引く原因になるんです!

こんなお悩みはありませんか?

  • しばらく歩くと足がしびれてきて、歩けなくなる
  • 台所にしばらく立てない
  • 体を反ると痛い
  • 朝、起き掛けに腰が伸びない
  • つい前かがみの姿勢になってしまう

脊柱管狭窄症の症状とは?

脊柱管狭窄症は、様々な原因から神経が通る管(脊柱管)が狭くなり、神経を圧迫、血液の流れが悪くなることにより症状が出てきます。
脊柱管狭窄症の代表的な症状の1つに間欠性跛行(カンケツセイハコウ)があります。

間欠性跛行(カンケツセイハコウ)とは?

日常生活においては、体を反った状態で症状が出てきます
歩いていると体が反った状態ですので、しばらくすると足がしびれてきて、歩けなくなります。しかし、前かがみで少し休むとまた歩けるようになるので、重い症状だと感じる方は少ないようです。

前かがみの姿勢では症状の変化が出ないので、自転車や押し車では痛みを感じませんが、どんどん姿勢が悪くなり、痛みを改善するのが難しくなります。

脊柱管狭窄症をほおっておくとどうなるの?

脊柱管狭窄症をほおっておくと間欠性跛行ように、痛みを感じないこともあることから、受診をせずにほおっておく人が多いようです。
整形外科等でも、軽い症状での治療はあまり行わず、痛み止めや血行を良くする薬をもらうくらいしか対処してもらえません。
しかし、薬に頼っているだけでは姿勢がどんどん悪くなり、ひどくなると神経ブロック注射や手術でしか治らなくなってしまいます。
また、坐骨神経痛を引き起こすこともあります。

脊柱管狭窄症は整形外科等でMRIを撮るとすぐに分かります。
その症状を持っている期間が長いほど、改善されるのにも時間が掛かるため、長い腰痛にお悩みの方は、一度ご相談ください。
特に、高齢になればなるほど、症状を感じながらもだましだまし過ごしている方が多いです。脊柱管狭窄症自体は治らない病気なのですが、早期に治療を開始すると痛みが減ったり、若い人であれば治る可能性もありますので、我慢をせずに一度ご来院ください。

脊柱管狭窄症の施術法

脊柱管狭窄症の施術法どて鍼灸整骨院の脊柱管狭窄症の施術は、鍼治療を行います。
病院(ペインクリニック)で打つ注射と同じ場所、同じ方向に鍼を打ちますので、効果は同じですが体にかける負担は軽いです。

一般的な鍼灸院では使い捨ての鍼を使いますが、当院では、使い捨ての鍼ではなく、特別な鍼を使いますので、お1人ずつの専用の鍼を毎回滅菌して使用します。

それでも効果が出ないようなら、電気鍼を行うか、鍼の上にお灸を乗せ、より刺激を与える灸頭鍼を行います。

治療の頻度は?

1週間に一回の通院で、8回来ていただきます(予約制)
8回を1クールとして治療しますので、治療の目安としてください。

症例

大阪市平野区 50代 男性

病院で手術が必要と診断を受け、2ヶ月電気鍼をしていましたがよくならず、来院されました。
毎日力仕事で腰に負担がかかる状態でしたが、灸頭鍼をし始めると、徐々に痛みが緩和され、仕事にも復帰されました。

平野区 40代 女性

神戸で販売の仕事をしていて、帰りには立っていられないくらい腰が痛かった女性。
病院で狭窄症と言われました。
自宅が近いからと、どて鍼灸整骨院に来院され、治療を開始。
毎日立ち仕事なので、よくなったり、悪くなったりしながら、手術が必要ないくらい痛みが改善されました。
大変感謝されました。